ブログカテゴリ:あれこれ



12日 9月 2017
自分に優しくて、人にも優しい。 のは、若者。 自分に優しく、人には厳しい。 のは、成長できない子供っぽいひと。 自分に厳しく、人に優しい。 のは、きちんと成長できた大人だ。 僕たちは、なかなかオトナになれない。 子供っぽい人たちは、どうやらクレームが得意なのだ。 製品が不完全でなんとかして欲しい。とか、商品の到着が遅い。壊れている。...
09日 9月 2017
「なんか嫌な予感がしたんだよね」 と、カメラマンの宮地工さんが言ったのを覚えている。 写真を撮っていた時、カメラのシャッターに違和感を感じたらしい。人間の感覚では分からないほどのズレだった。 現像してみると使えない写真だったという。 『嫌な予感』がした宮地さんは、念のためもう一台のカメラで写真を撮っていた。...
07日 9月 2017
時給って、恐い。 愛はお金で買えない。 そりゃそうだ、値段もないし売ってもいない。 「私の愛を売ります」 と言われて「いくら?」となったら、相当シュールである。 第一、気持ち悪い。 とはいえ、時間はお金で買える。と、思っいる。 僕たちは過去へ行けないけど、実は、誰でもちょっとだけ未来の時間を買うことができる。...
05日 9月 2017
楽天って使いにくい。 そう思っているのは、僕だけだろうか? あのごちゃごちゃ感が好きな人もいるかもだけど、混沌とした業務スーパーにいるようで、僕は苦手である。 それに比べるとAmazonは、ずいぶんスッキリしている。 迷うこともないし、捜し物リストがキレイに並んでいる。後は、選ぶだけ。 もちろん、僕の主観だけど。...
04日 9月 2017
報酬の根拠。 坂本龍一が、印税についてラジオで「10%の根拠はどうやらない」と話していた。 「オマエのレコードだしてやるよ。俺の取り分が9で、オマエは1な」と、レコード会社の社長が黒人のミュージシャンに言ったのが最初らしい。 はっきりとは覚えていないけど、そんな話だったと思う。 坂本龍一が冗談で言ったのかもだが、ありそうな話だ。...
27日 8月 2017
そりゃそーだろう。 街の本屋さんには、読みたい本がない。売りたい本は、あってもね…。 ところがネットには、探せば読みたい本が大量に見つかる。 PCは『探す』のが、得意なのだ。 80年代、本屋は僕にとってテーマパークだった。眺めているだけで楽しいし、雑誌、漫画、小説、絵本などのコーナーごとに発見もあった。...
25日 8月 2017
青春は続いてる? 昨夜、安藤忠雄の講演を聞いた。 「この家は、中にいても雨が降ると傘をささないといけない。自然を感じることができますけど」 と、安藤さんは言う。 中庭なのか、家の中なのかが、曖昧な建物だった。 日本の縁側のように、外なのか中なのかを曖昧に設計なのかもしれない。...
23日 8月 2017
本屋からアマゾンから電子書籍へ。 本屋は、楽しい。 けど、めっきり行かなくなってしまった。 現在、タバコは吸わないけど、無くなったタバコを買うように本を買ってしまう。 タバコって、買うとか買わないではなく、配給されているようになくなると買うのに似ている。本屋は僕にとってヤバイ場所で、つい買いすぎて散財してしまう。...
20日 8月 2017
思い込みのチカラ。 ここで言う起業家は、八百屋のオヤジではない。 パン屋さんをやりたいとか、立ち飲み屋をやりたいとかは、すでに存在するビジネスを始めるのは、起業であって起業家の仕事ではない。 起業家の定義は『自ら事業を起こす人たち』のことである。彼らは、これまで世の中になかった事業を始める。 最初は、小さな事業からかもしれない。...
17日 8月 2017
数はチカラ? ブログを初めて一ヶ月半くらいだ。 どれくらいの人が見に来てくれるのかは、気になるとこだけど、まだあmだ、これからだろう。 『PV数でわかるブロガー番付』というWEBサイトがあって、初級から最上級まで分かりやすく分類されている。...

さらに表示する