ブログカテゴリ:ステージキッズ



19日 9月 2017
仕入れの10倍で売る、ホストクラブ。 1本のワインを、ホテルなら2倍から3倍の値段で客に提供する。 ホストクラブだと、10倍の値段だという。 ヴーヴ・クリコで7万円。ドンペリだと25万円である。 これは高い!(もちろん僕にはだけど) キャバクラでも、10倍近い値段になる。ホストクラブより安い印象だけどね。 僕がいくサイゼリアなんてワイン1本千円だ。...
18日 9月 2017
「高さ、1メートル以上必要です」 と、舞台監督の山代さんが言った。 ダンボール製能舞台の高さである。もちろん、宇崎竜童も演奏する。 「60センチまでだったら、組み立ても楽です。それ以上だと、側面のパーツが重くて大変」と、ダンボールを開発している京阪紙工の住谷社長が険しい顔で言った。 喫茶店『木馬』で打ち合わせのことである。...
22日 8月 2017
音が進化した。ヒトはどうですか? 『音楽を聴きながら、瞑想するサル』で話題になった、ソニーウォークマンのCMのコピーである。 コピーを書いたのは、中畑貴志さん。 「おしりだって洗って欲しい」(TOTO) 「ベンザエースを買ってください」(武田薬品、小泉今日子で話題になったね) などが、中畑さんのコピーだ。...
21日 8月 2017
ポケベル・ルーズソックス・プリクラ手帖。 が、90年代初頭、女子高生の三種の神器だった。 かつてポケベルは、メールの代わりに使われていたのである。 えーっとルーズっソックスも、なんで流行ったんだろうね。 脚が細く見えるから、という説もあるけど…。 ポケットベルとは、電話で相手に呼び出しができるツールである。...
19日 8月 2017
企業存続率って、恐いのだ。 設立されてから倒産するまでの期間を国税庁がまとめたデータがある。 会社設立から5年以上続く確率は、15%。 なんと、30年以上続く確率は、0.021%らしい。 100社あったら、0社しか生き残っていないではないか! 恐ろしや。 会社を作るのは、簡単である。 登記をすればいい。...
18日 8月 2017
売り場がほしい。 店舗がなくてもモノが売れる時代である。 例えば、WEBサイトで売ればいい。 ああ、インターネットって素晴らしい。 なんてうまい話はない。 どうにかして、商品(ステージキッズ)を知ってもらい、必要な人に満足と驚きを届けたい。 けど、難しい。...
16日 8月 2017
ダジャレは強い。 僕は広告学校に通っていた。 故・天野祐吉さんが、主催するコピーライターの学校である。 80年代当時、カメラマンのえーちゃんから、「広告学校って面白いよ」と薦められるまま入った。 宣伝会議コピーライター養成講座に行こうかと悩んでいたけど、キャッチフレーズが面白かったので広告学校を選んだ。...
15日 8月 2017
機能で選ぶか。 「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」 村上春樹デビュー作『風の歌を聴け』の書き出しである。 こいつは便利なフレーズで、結構、何にでも当てはまる。 「完璧なステージキッズなどといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」 ほら、ステージキッズにだって当てはまる。...
12日 8月 2017
同じアイデア。 広告をやっていると「僕たちは、ほぼ同時に新しいアイデアを思いつくのかもしれない」と、思うしかない経験が増えてくる。 ほぼ、同時期に同じコンセプトの広告を目にする。別に、盗作したわけではないのにである。 『百匹目の猿』という、生物学の現象を表したお話がある。...
10日 8月 2017
俺は買わない。 「簡単に作れるステージキットを作ったのんだけど、売れるかな?」と、僕は聞いてみた。 「いくらするの?」と、ライブハウスを経営してる佐藤さんが訊いた。 店が休憩中の午後3時頃、店の前でタバコを吸っていた佐藤さんに、ちょっと寄ってけよ、と呼び止められたのだ。 「高さが20センチで、縦と横が120センチのやつが、2万くらいかな」...

さらに表示する