ブログカテゴリ:千人の月見の宴



17日 9月 2017
俳句を詠んだ経験があるかと思う。 小学校の授業かもしれないし、どこかの温泉の俳句の募集に応募したかもしれないし、句会に入って本気で詠んでいる方もいらっしゃるだろう。 「詠み方など忘れてしまったよ」 という方も、本気な方も、折角のお月見である。 月下で俳句を詠もうではないか。 さて、  名月とは、旧暦8月15日のことだ。...
16日 9月 2017
「チェコから来ました」 『千人の月見の宴』で、司会を担当するスザンカに会ってきた。 待ち合わせは、枚方市駅にある喫茶店だ。 どんな娘が来るんだろう? と、先に着いた僕はコーヒーを飲みながら考えていた。 「ブロンドのイカす娘だから、すぐに分かるよ」と、紹介者からは聞いている。...
15日 9月 2017
宇崎竜童が枚方に来る! 『チケットぴあ』で、『千人の月見の宴』の特別協賛席を売っている。 重要無形文化財能楽師・辰巳満次郎の薪能『黒塚』と、宇崎竜童のブルースを観ることができ、二度美味しいチケットだ。 「どちらかひとつで、よくない?」と言われるけど、古典芸能と現代の芸能を中秋の名月を真ん中にすえて見たい。...
14日 9月 2017
「もう、大変なんすから」 故・林家三平のように、汗をかきながら『千人の月見の宴』のチケット売っている。 売れ行きは、まだまだだ。 先日まで挑戦していたクラウドファンディングのハラハラ感に似ているように思える。 最初にグッとさばけて、次第に盛り上がりながらエンディングを迎える。クラウドファンディングの時は、そんな感じだった。...
13日 9月 2017
いまの僕たちのよう。 織田裕二が主演する『お金がない!』(フジテレビ)は、大好きなドラマのひとつだ。 1994年放送だから、もう、ずいぶん昔の放送である。織田裕二も、若い。 マイケル・J・フォックス主演の『摩天楼はバラ色に』を、意識したようなコメディー調の出世物語である。...
10日 9月 2017
月見の風習が広まったのは、唐代の頃かららしい。 中国の流行りを聞いて、日本に伝わったのは平安時代である。 満月を愛でるのは縄文時代からあったようなので、わりとすんなり中秋節の祝い事は日本に受け入れられたと想像する。...
08日 9月 2017
ややこしや! 『千人の月見の宴』特別協賛席を、チケットぴあで絶賛発売中。 なわけだけど、60席だけ野村萬斎公演チケットつきチケットがある。 ややこしや。 11月3日(祝)文化の日、寝屋川にある香里能楽堂に、なんと野村萬斎が出演する。 もちろん、プレミアムチケット! だ。...
06日 9月 2017
「ライブで100人集めるのは、むっちゃ大変なんです」 と、みーやんが言った。 みーやんは、バンドを組んでいて年に何回かライブをやる。 10人呼ぶのも難しいらしい。 サザンオールスターズやAKB48なら、チケットぴあで販売したら、10分で完売かもしれない。 実際、サザンのライブでは整理券を持って何時間も並んだ経験だってある。...
03日 9月 2017
お酒、飲めません。 初めて試したタバコがショートピース(スーパッパ)。 で始まる『スモーキン・ブギ』を初めて聞いたのは、僕が小学校低学年だった。 1974年のことだから、ずいぶん昔だ。現在、『ダウン・タウン・ブギウギ・バンド』を知らない若者は多いと思う。...
02日 9月 2017
普通じゃやならいことに、挑戦したい。 重要無形文化財能楽師・辰巳満次郎さんに会ってきた。 ぴあの取材である。 僕は稽古をしている香里能楽堂を訪ねた。 部屋に通され待っていると、満次郎さんの謡(うたい)が別の部屋から聞こえてくる。 お弟子さんの謡の声が続き、今度は、二人合わせた謡になる。 緊張感が、僕のところまで伝わってきた。...

さらに表示する