簡単ステージキット。ステージキッズ 世界初!

例えば、こんなポータブルステージ。

「もっと簡単にステージが作れたら」

という思いで、ステージキッズは誕生しました。

強化段ボールを組み立てるだけの、いままでにないステージのキットです。

少しくらい濡れても平気です。

軽くコンパクト、しかも頑丈!

10トンくらいへっちゃらです。

ステージのレンタルじゃないから、好きなときにいつでも使えます。

使えば使うほどリーズナブルです。

 

新しい簡易ステージ、イベントステージのカタチです。

 

起業でごはん! ブログ連載。

ネットショップにて好評発売中!

ステージキットの購入はこちら

自分で組立!!

ステージキッズなら、パタパタと段ボールを組み立てるだけ!

 

何度でも使える

何度も繰り返し使うことによって、イベントにかかる費用を削減することが出来ます。

小さなステージ

例えば、会社の表彰式・学校の文化祭。一つでも素敵なステージになります。



ステージキッズの使用実績

MBS 毎日放送『ちちんぷいぷい』にて、

ステージキッズをご紹介頂きました!

 

1 アメリカのボストン・ジャパン・フェスティバルで、ステージキッズが採用されました。

2 会津エンジンが主催する大熊中学校の『漫才講座』で採用されました。

3 落語芸術協会さんにご購入いただけました。

4 世界初の能舞台に使われました。『千人の月見の宴』

ひとりのステージから、大きなイベントまで。工夫次第で夢が広がります。

学園祭のステージもみんなで手づくりできます。

千人の月見の宴で使用したステージキッズを組み立てている写真
イベント『千人の月見の宴』組み立て風景

ステージキッズの作り方

ステージキッズは誰でも簡単に組み立てることができます。

舞台の大道具さんになったつもりで、会場作りを楽しんじゃいましょう!

※作り方の説明で使用しているのは高さ20㎝のサイズです。

ステージキッズの中身

ステージキッズ天板の写真
天板

天板はステージになります。

ステージキッズ補強板の写真
補強板

補強板はステージキッズの内部に入れます。

ステージキッズ斜交わいと外板
斜交わいと外板

斜交わいは内部の補強の軸に

外板はステージの側面になります。


作り方

1.外板を作り、

  斜交わいを入れる

外板を開き、交差するように

斜交わいを差し込みます。

4.斜交板は全て入れます。

あまりなく全て使ってください。

これがステージの強度の秘密です!

2.しっかりと差し込む

斜交わいをしっかりと差し込んでおかないと、ステージのぐらつきの原因になるので注意!

5.天板を置く

天板は中にキチンと収まるようになっています。

3.補強板を入れる

補強板は全部で8つ。斜交わいの十字の間に入れていきます。

 

完成!

できたステージを並べれば、大きなステージになります。


ダウンロード
ステージキッズ作り方
印刷してご覧いただく場合はこちらをダウンロードしてください。
何度も使えるステージキッズ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 691.4 KB