会社概要

ごあいさつ

 東京の多摩川ではアユが復活し、川漁師が釣るアユが食卓に登るくらいです。

淀川も例外ではありません。

下流域で美味しいシジミやウナギが、採れるようになりました。

 

お月見は、昔から続く秋の収穫祭です。

 

地域の川や里山からの収穫を祝い、川から遠ざかってしまった人々を呼び戻し、

「恵みの川」を取り戻したい。

例えば僕たちは、『淀川 月見めし』『四万十 月見めし』『多摩川 月見めし』といった、

それぞれの川の宝物を発掘し、地域に貢献したいと考えています。

 

また、強化ダンボールで制作した世界初のステージ『ステージキッズ』によって、

これまで敷居の高かったステージを自分たちで設営できるように致します。

 

淀川流域から全国へ『千人の月見の宴』を広げ、

美しい「恵みの川」を復活させるプロジェクトです。

代表 紙本 櫻士

(かみもと おおし)

 

コピーライター。小説家。

『新聞広告』(日経新聞)『あまから手帳』(クリエテ関西)

『サライ』(小学館)などで執筆。

SF小説連載『タイムハッカー』(A・ha)『日経新聞月間広告賞』

『ノベルなび大賞 小林泰三賞』(『おっぱい』小説)

2015年、「中秋の名月の時に、日本全国みんなでお月見をしたい。」

 

地元商工会議所の仲間であった紙本が言い出しました。

「ぼ~っと過ごしても10年はすぐに過ぎる、面白いことをしよう。」

実際は面白いというよりは、嵐のような日々でしたが、

今までに関わることが無かった人たちとお会いでき、一緒に考える機会が増え、

自分の価値観が広がっていきました。

 

小さな不動産屋でもある私が、面倒なものに関わったと思っていましたが、

地元の川にふれ、地元の思いを感じながら大きな日本の文化を再認識させてもらってます。

廣瀨 早苗

(ひろせ さなえ)

 

1971年枚方生まれ、同志社大学文学部卒業。大学卒業後、株式会社読売情報開発(生活情報紙 読売ファミリー 広告部)、株式会社広瀬工務店に勤務のち、現在株式会社さなえ不動産設立代表取締役、合同会社川はともだち業務執行役員事務局担当。

近頃野菜作りが楽しい。

『千人の月見の宴』の開催をきっかけに、もっと簡単にイベントができたら、

もっと手軽にマイステージを持てたなら、という思いから『ステージキッズ』が生まれました。

自分たちでどこでも何度でも自由にステージを作ることができ、

今よりももっと手軽にイベントが開催できるようになります。

そこには、人の輪がいくつもでき、笑顔が生まれていくのだと思います。

 

弊社の事業を通じて、人と人とが繋がり、

地域の活力へと広がっていく一助になるように貢献していきます。

宮田 行

(みやた すすむ)

 

特定行政書士

関西大学卒業後、行政書士事務所を経営し、

建設業許可申請、境界確定測量、会社設立、

遺言書・遺産分割協議書作成などの業務サービスを提供しています。

大阪府行政書士会枚方支部 支部長、合同会社川はともだち 副代表

合同会社 川はともだち

平成27年7月17日設立。

〒573-0153

大阪府枚方市藤阪東町3-4-17

TEL:072-858-8655

MAIL:info@kawa-tomo.com