創作と盗作。

言いたいこと、やりたいことは、いっぱいある。

 

TOM★CATという1980年代に活躍した、バンドがある。

僕が印象に残っているヒット曲は『ふられ気分でRoc'n Roll』だ。

ノリが良くてご機嫌な曲なんだけど、中村あゆみが歌う『翼の折れたエンジェル』にそっくりなのが気になる。

スピードを倍くらい遅く歌うと、ほぼ、同じメロディーなのだ。

『翼の折れたエンジェル』が後なので、何がしかの事情があるのかもしれない。それくらいAメロは似ている。中村あゆみには、たぶん責任はない。歌手だからね。

念のため。

 

ポールマッカートニーが、イエスタデーを作曲した時「夢の中でメロデーが浮かんで、あまりに自然に浮かんだので、どこかで聞いた曲なんじゃないか」と思い、みんなに聞かせたら誰も知らない曲だと言うから、僕のオリジナルなんだと、安心したというエピソードがある。

それほど、創作する時は気を使うものなのだ。

「これはいいアイデアだ。でも、どっかから持ってきていないだろうな?」とかね。

で、それがオリジナルだと分かるとワクワクする。

実に楽しい瞬間だ。

 

音楽に限らず、小説、絵画、発明、映画、ドラマなどなど、パクった作品の話は枚挙に暇がない。

韓国で初とされるスナック菓子『セウカン』は、カルビー『かっぱえびせん』そっくりだし『テコンV』は、そのまま『マジンガーZ』である。

昔はともかく、現在でも相変わらずである。

なぜ、そんなことを?

 

大学の論文の場合、盗作していないかを瞬時に調べるソフトがあると言う。

コピペなんかして提出したら、イッパツらしい。

インターネットが現れる以前、日比谷図書館で花火について調べていたら、作者が違うのにほぼ記述が同じ本があるのに気づいたことがある。

へぇ、後から書いた人は度胸があるなぁ、と思ったものだ。

そんな狭い分野で、丸写し。バレバレじゃん。

 

基本、僕たちは言いたいことがあるし、やりたいことがある。ハズだ。

小説でも音楽でも、絵画でも、製造業者でもね。

他人のアイデアを盗んだら勿体無いじゃないか。

自由に、創作を楽しめるのに…。

 

ただ、そんなことをする人たちは、なんとなく分かる。

信用できないって、こんな顔なんだな。と、黙っていても告げているから。

なぜかね。

 

文:川はともだち 代表 紙本櫻士

 

【人気記事】

能が進化している。

100社起業したら、30年後に何社残るの?

男殺しのオイルサーディン丼。クラウドファンディング、リターン中。

思ったことが現実になっていく?

こち亀に学ぶ、コンサート完売のカラクリ

【最新記事】

チャイナリスクとのつき合い方。

商標『東京ガールズコレクション』は、8億円。

能との出会い。

販促とはなんだ。

ステージキッズを半額くらいで。

【記事一覧】

起業でごはん!

PVアクセスランキング にほんブログ村