100社起業したら、30年後に何社残るの?

企業存続率って、恐いのだ。

 

設立されてから倒産するまでの期間を国税庁がまとめたデータがある。

会社設立から5年以上続く確率は、15%。

なんと、30年以上続く確率は、0.021%らしい。

100社あったら、0社しか生き残っていないではないか!

 

恐ろしや。

 

会社を作るのは、簡単である。

登記をすればいい。

やりたいことがあるから、会社を作るのであるから次にお金を使って、事業(やりたいこと)を始める。

ね、簡単でしょう?

で、起業したい人が集まるセミナーに行くと、こんなに会社を作りたい人がいるのか、と驚く。

 

そこで「これをすれば儲かる」という人に出会うけど、お金儲けを一番に持ってくると、会社生存率から考えると割が合わない。

 

苦労して会社をやって、30年後、路頭に迷うなんてヒドイよね。

 

世界最古の起業は『金剛組』である。

578年創業で、最初のクライアントが聖徳太子というからスゴイ。四天王寺建立のために作られた会社らしい。

きちんとやれば、30年なんてあっという間さ。とか言われそうだ。

 

なんで会社が倒産するのか?

何と言っても、資金ショートだろう。

人材が集められない。というのも原因のひとつかもしれない。

騙されたりもありそう。

そう考えると、

金剛組が、1400年以上続けられたのは奇跡的である。

途中、お金の都合がつかなかったり、もめたり、やめたくなったりしてるよね。たぶん。

2005年に、高松建設が全額出資して、新・金剛組になっているし。

資金がないのは、やはり危ないのだ。

 

■起業家として成功する人って?

お金儲けがしたい、自分でなんでも決めたい、時間を自由に使いたい。

の3つは、よくきく。

でもこの3つが、会社が続かない原因ではないか。と思っている。

そもそもお金儲けなんてできないし、収入を増やせば、リスクも犠牲も大きくなる。

一見、上司がいないようだけど、起業すると周りのみんなが上司になる。

しんどい決断だけは、回ってくる。

自由な時間がある状態の先は、倒産が待っていそうだ。

 

何々がしたい。では、生き残れないのではないか。

社会貢献をする会社が、結局、強い。

楽しい場所に人は集まる(お金儲けが楽しい人もいる)。

楽しい場所に集まったファンが、ビジネスを育てていくのだと思っている。

さらに、世の中の仕組みを変え生き残った会社は、淘汰の末に巨大起業になる。

ダイムラー・ベンツ、Apple computer、Microsoft、トヨタ、サントリーなどだ。

 

僕たちはどうだろうか?

そこにベンチャー魂はあるのかい?

まずは新製品の『ステージキッズ』で、みんなに喜んでもらえるとハッピーなのだが。

いま、起業して3年目である。

 

文:川はともだち 代表 紙本櫻士

 

千人の月見の宴

Makuakeでクラウドファンディング挑戦中です

【人気記事】

フリーランスの平均年収は、200万らしい

ダンボールで能舞台は作れるの?

アメリカからもラブコール

【最新記事】

アマゾンと楽天と、ヨドバシカメラ

あなたのブログ番付

フレッシュライフと通勤快足

量産型ザクと、シャー専用ザク

フリーランスの平均年収は200万らしい

【記事一覧】

起業でごはん!

PVアクセスランキング にほんブログ村