カラダが資本。

結局、健康なのだ。

 

村上春樹は、ずっと、マラソンを続けている。

長い文章を書き続けるには体力がいる。彼はカラダを鍛えることによって「納得のできる仕事をし続けよう」ということなのかもしれない。

健康を維持しないと「やり続ける」ことができない。

 

どこかが悪いと気力もわかないし、いいアイデアを思いついても、実行に移せない。

また、マイナス思考にもなる。

「今日は、だるいなぁ」と、一日、一日が過ぎていく。

で、気がつくと10年過ぎているのだ。

 

若いと基本健康だけど、過信して何日も徹夜したり無茶もする。

で、カラダを壊してしまう。

思い当たる事だらけである。

例えば、月曜日の夕方から高田馬場の西武で麻雀をして、終わったのが水曜日だったことがある。

「今何時?」

「3時だよ」

「えーっと、夜、昼?」

という間抜けな会話を覚えている。

終わった時、腕時計がグルグル回るくらい痩せていたもんなぁ。

いまやったら死ぬと思う。

 

いくらお金があっても、名声を得ても、具合が悪いと意味がない。

起業でごはん! を毎日書いているわけだけど「カラダが資本」ということを思い知るのだった。

 

よいモノを少しだけ食べる生活がよさそうだ。

「おいしい生活」は、きっとカラダにはよくない。

たぶんね。

 

文:川はともだち 代表 紙本櫻士

 

【人気記事】

能が進化している。

100社起業したら、30年後に何社残るの?

男殺しのオイルサーディン丼。クラウドファンディング、リターン中。

思ったことが現実になっていく?

こち亀に学ぶ、コンサート完売のカラクリ

合同会社の株式会社化を考える。

【最新記事】

平成の駄菓子屋さん事情。

モノの寿命。あなたはトキメイているか?

時代なんかぱっと変わる。

あったらいいなを製品化する。

【記事一覧】

起業でごはん!

PVアクセスランキング にほんブログ村