· 

口コミ、ステージキッズ

強化ダンボール恐るべし!!

 

と、松本洋紙店『紙のブログ』で、ステージキッズを紹介していただきました。

何がビックリかと言うと、僕が気づいていない新鮮な驚きが表現されているからである。

ステージキッズは、強化ダンボールでできている。

でも、「恐るべし」という風には思っていなかった。

 

木材と同じ強度で、重さは約3分の1だから、できると思って企画したステージである。

「そうなるだろう」と予想してたから、恐るべしとは思わなかった。

でも、確かに「恐るべし」と、表現すると面白い。

 

「新商品は、発信側が飽きた頃に、浸透していくんだよ」と、言われたことがある。

ブログを買いたり、チラシを作ったり、WEBサイトを運営したりしていると、いつしか飽きてくる。

まだまだ、認知されていないのだから、初めて見た人に驚きや新鮮さを伝えなければならないのに。

 

『紙のブログ』を読んで、彼女の新鮮な驚きが、僕の刺激になった。

 

ステージキッズの可能性は、連結にある。

大きなステージを連結して、自分たちで作ることができる。

そんなステージは、なかったから。

次の驚きは、連結と動画だ。

 

米前線にも言えるだろう。米沿線は、僕の造語で新鮮である。

 

春の桜前線、秋の米前線。

花見と月見と、対になると考えている。

面白いアイデアだと、現在、思っているけど、周知していく内に飽きてくる。

で、飽きて来た頃に、浸透しだす。

人間のココロは、厄介である。

でも、ここは頑張りたい。楽しみながらね。

 

ビジネスのタネを巻いている。

どう芽が出るか、次は水まきだ。

収穫は、まだ、遠いようだ。

 

文:紙本櫻士

 

『米前線をめぐる冒険』

https://komezensen.jimdofree.com/

 

【人気記事】

 

チャレンジする国の考え方

勤労感謝の日とGHQ

顔文字を作った人たち。

そだねー

100社起業したら、30年後に何社残るの?

思ったことが現実になっていく?

こち亀に学ぶ、コンサート完売のカラクリ

モーレツからビューティフルからの、断捨離へ。

コピーライター黒須田伸次郎先生のこと