· 

無料ビジネス。

無料ビジネス・モデル。

 

商用利用もできる無料の写真素材サイトを使っている。

どうやって収益を得ているのかと思うけど、まぁ、広告だろう。

人が集まれば広告枠が売れるし、来る人の集団特性が分かりやすいから、広告主もありがたい。

食べログや、無料レシピなどのサイトも、広告がしやすいと思う。

 

googleやヤフーも無料でサービスを受けることができる。なくてはならないサイトである。

 

しかし、僕たちは情報という対価を支払っている。

Facebookなどは、利用する人が勝手に原稿と写真をアップしてくれ、それを知り合いや友人などの読者が読む。

今までになかった発想である。

僕たちは、無料で利用していると感じているけど、実は、無料でライターとカメラマンの仕事をしている。

TwitterやInstagramも同じ構造だ。

 

現在、僕は『米前線』というサイトを立ち上げようとしている。

桜前線のように、北上する米の情報を掲載するサイトである。

サイト運営者が情報を管理し取材、執筆をする必要がある。それも、有益な情報である。

とはいえ、TwitterやFacebookなどのように、記事や写真が集まる仕組みも欲しい。

増殖を続けるサイトには、自然と情報が集まる仕組みがあるように思う。

まだ、先になりそうだけど…。

 

まずは、基本的な情報から始めて、ネットに反乱する無料アイテムを使いながら、サイトを作っていきたい。

どこまでやれるかもチャレンジとして面白いのだ。

 

文:紙本櫻士

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村