· 

ブックオリティで、スターになろう。

高橋くんが起業した会社。

 

友だちの高橋が起業した。

株式会社ブックオリティである。

「世界を変える著者になるブックオリティ出版ゼミ」を開講し、出版業界の松下村塾を作ろうと企んでいるという。

 

高橋は、20代の頃からの友だちで、僕の披露宴では司会もやってくれた。

慶応大学の劇研では、役者として活躍していたこともある。

実は、僕も明治大学でアヤシイ劇団『演劇舎 蟷螂(とうろう)』で役者を少しだけやった。また、大学の劇研で音響をやったこともある。

恥ずかしい、過去だけど。

 

1980年代、六本木アトリエフォンテーヌで、六大学の演劇フェスティバルに参加したことがある。

優勝したのは、僕の明治大学劇研『螺旋(らせん)』だった。

 

高橋と知り合いになった時、

「俺も出てたんだ」と、聞き驚いた。

高橋は、主演男優賞を受賞したという。

「おーしちゃん、山手線でパフォーマンスしようよ」などと誘われたりもしていたが、まだ、実現していない。

これは、いずれしたい。たぶん。

 

去年、京都四条の東華菜館で高橋と飲んだ時、

「会社辞めて、起業しようと思ってるんだ。ブックオリティという会社名も決めている」

と、高橋が言った。

「どんな会社?」と訊くと、

「松下村塾みたいな」と、高橋は答えた。

 

高橋は『人生がときめく片づけの魔法』(著者:近藤麻理恵)の担当編集者である。

サンマーク出版では、常務取締役編集長でもあった。

日本と海外で、ミリオンセラーを出した編集者は、彼だけだという。

「片づけのイカした本を担当してるんだけど、なんとか著者に年末まで書き上げて欲しいと思ってる。早く出したいから」

などと、言っていたのを覚えている。

作る時は、大変だったのかもしれない。

その後、アメリカに売り込みに行きたい。と、彼は渡米して営業をすることになる。

 

彼が司会をしてくれた僕の披露宴にいた友だちが、テレ朝の全米総局長になっていたのを思い出し「それならニューヨークに行け!」ということになって、彼は著者と一緒に営業に行った。

本は、勝手に売れない。

編集者の、あらゆる努力が必要なのである。

 

株式会社ブックオリティで、彼は未来のベストセラー作家を募集した。

一期生は、最近、卒業したばかりだ。

 

プログラムの最後に、塾生は編集者たちの前でプレゼンをする。

「この著者と仕事をしたい」と感じた編集者は手を挙げる。

もはや『スター誕生!』ではないか。

 

すでに、二期生の募集があり、大人気だという。

これから、何を彼が始めるのか目が離せない。なにせ、主演男優賞の高橋である。

ベストセラー作家になりた人は、迷わず門をたたくといい。

何かがそこで生まれてる場所は、そこにいるだけで幸せだと思うよ。

 

文:紙本櫻士

 

株式会社 ブックオリティ

https://bookquality.co.jp/#prj

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村