· 

紙媒体で、ビックリ間違い。

最近、驚いたこと。

 

『僕の神さま』という、連載小説を書いている。

現在、連載10回目で、順調に物語が動いている。

次どうなるかは、僕にも分からない。

登場人物たちが勝手に動いているからである。

 

10回目の小説を書いて編集部に送ったのだけど、なんと、新聞に前回と同じ原稿を入れてしまった。

これは、驚く。

気づいた編集者は、青くなったのではないか。

 

友人の広瀬などは、

「それって、編集部が誰も読んでいないってこと?」

と、大笑いしているが、担当者はそれどころではないだろう。

間違えて刷り、配ってしまった後である。

判明した日は、早朝から蜂の巣をつついたような騒ぎだった。

「どうする?」

「どうするん?」

「回収は無理?」

 

結局、刷り直して、配り直しをすることに。お詫びも作った。

こんな具合に…。

 

紙媒体の間違いは怖い。

WEBは、どんどん訂正できるけど、紙媒体はそうはいかない。

剃ってしまったら、訂正ができない。

 

JR東日本が出している『トランヴェール』に、寄稿していたことがある。

八戸の漁港の原稿に、僕はつい「津軽弁が飛び交っている」と書いてしまった。

八戸は、南部藩の領地で『南部弁』である。

編集部に、山のようなファンレター(苦情の手紙)が来た。

ごめんなさい。

 

日経新聞ではこんなこともあった。

経済評論家の堀紘一さんを取材し、原稿を書いた時のことである。

僕は締切前にデザイナーに原稿を渡し、校正、校閲、著者校も済んで

「さぁ、入稿だ」となった。

掲載は、明日の朝刊である。

 

すると、デザイナーが僕のとこへ来て、

「2000字を、おーしに間違って、600字と伝えてしまった」

と、彼女は青い顔をして言う。

「どうしよう?」

と、言われても…。

 

いまから、校正も校閲も著者校など、到底できない。

それを側で聞いていた、エディターが、

「堀さんの写真を大きくすればいいんだよ」

と、ひょうひょうと言った。

全然、動じてなかったのには、尊敬に値するエディターであった。

後で聞いた話だけど、堀さんが「こんなに写真がでかいの?」と、驚いていたらしい。

 

電話番号は、必ず、出稿前自分で電話をしなければいけない。

電話番号と価格の間違いは、八戸の苦情くらいでは済まないのだ。

 

えーっと僕の小説、読んでくださいね。

 

文:紙本櫻士

 

米前線

https://komezensen.jimdofree.com/

 

 

【人気記事】

チャレンジする国の考え方

勤労感謝の日とGHQ

顔文字を作った人たち。

そだねー

100社起業したら、30年後に何社残るの?

思ったことが現実になっていく?

こち亀に学ぶ、コンサート完売のカラクリ

モーレツからビューティフルからの、断捨離へ。

コピーライター黒須田伸次郎先生のこと