· 

どう魅せるか?

面白いものを面白く、が大事なのだ。

 

写真は、郡上八幡の学校橋から飛び降りる小学生である。

橋の上に立つと分かるどけ、とても怖い。

高所が苦手な僕には、飛び込むなど無理である。

 

子どもたちは順番に川に飛び込むのだけど、普通は、足から飛び降りる。

1、2、3、ドボーン!!

 

これは、カメラマンの宮地さんと取材に来ていた時の写真だ。

僕は、子どもたちに川のことなど聞いている間、宮地さんは撮影をしている。

「ねぇ、頭から飛び込めない?」

と、宮地さんは、ガキ大将風の男の子に話しかけていた。

「おお、いいよ」

と、彼は快諾してウルトラマンのように豪快に飛んでくれた。

 

通常、足から飛び込むから、演出が入っている。

でも、嘘ではない。

この写真は、いろいろな意味でスゴイ。

 

面白いモノを、面白いと伝えるのは難しい。

事業でブルーオーシャン市場を作っても、なかなか伝わらないのに似ている。

こんなにスゴイのに分かってくれないの?

と、起業家たちは途方に暮れる。

どうも、ブレークするにはハードルを超えないといけないようなのだ。

よいものはジワジワとは浸透するが、ブレークするにはきっかけがいる。

きかっけは作るものである。

 

さて、『米前線』というサイトを立ち上げて、現在、僕は奮闘中である。

いいアイデアだと思うし、賛同者もたくさんいると自負している。

また、ステージキッズや紙鍋、月見弁当もそうだ。

 

高杉晋作の辞世の句は

「おもしろきこともなき世をおもしろく」

であるが、僕は彼をブルーオーシャンの天才だと思っている。

こうすると面白い。

そして、人がついてくる、が誰よりも分かる人なのだと思う。

 

宮地さんがやったような

「頭から飛んで!」

が、まだ、僕にはできていない。

それが何であるかは、分からないけど、必ずある。

「おお、いいよ」

と、ウルトラマンのように飛んでみたい。

 

文:紙本櫻士

 

『米前線をめぐる冒険!!』

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村