· 

特別が普通になっていく。

冬にアイスを食べる。

 

冬にアイスが売れている。

コンビニがない頃、アイスは駄菓子屋さんで売っていた。

夏が近づくと、アイスを冷やす冷凍庫にホームランバーだとか、チューチューアイス(ゴムの中にアイスが詰まった丸いやつ)とか、カップに入ったバニラなどが、駄菓子屋さんの店頭に並ぶ。

アイスの種類もそんなに多くないが「夏が来た!」という、嬉しい気持ちと一緒に。

で、秋風が吹き始めると、冷凍庫にカバーがかけられ寂しい思いをした。

 

冬にアイスが食べられるようになったのは、コンビニの登場とかぶるように思う。

そもそもコンビニには、季節感がないのだ。

いつでも、欲しいものが便利に手に入るというコンセプトだから、売れればなんでも売る。

最初は、冬にアイスを食べるのは特別な行為だったように思う。

「冬でも売ってるんだ」と、驚いたものね。

でも、それが普通になっていく。もはや驚く人なんていない。

そういえば、コンビニの登場とともに、駄菓子屋が消えていったようにも思う。

駄菓子屋は、昔、子どもたちのコンビニだったのだ。

お菓子だけじゃなく、消しゴムとか鉛筆、ノートなんかも売っていたし…。

売れるものは売るというコンセプトは、実は、コンビニと同じである。

子どもたち限定だけど。

 

11月15日は、冬アイスの日らしい。

15の数字は、乳固形分15%以上がアイスクリームの条件だから。こじつけ感満載だけど、立冬の季節にアイスクリームの日を作っている。

これは特別感の演出だろう。

 

特別が手に入るのは嬉しい。

で、行き渡る内に、特別感が消えていく。

冬のイチゴもキュウリもトマトも、もはや特別ではない。

秋になるとアイスが消えていくのは、季節を感じるよさだ。

アイスが登場すると夏が来た。と、ワクワクするのは、季節の到来を喜ぶココロだ。

今となっては、わざと不便を楽しむのも、ひとつの特別なのかもしれない。

旬のモノを食べる贅沢が、実は特別なのだ。

 

文:紙本櫻士

 

【人気記事】

スマートスピーカーは、電気執事の夢を見るのだろうか?

顔文字を作った人たち。

そだねー

100社起業したら、30年後に何社残るの?

思ったことが現実になっていく?

こち亀に学ぶ、コンサート完売のカラクリ

モーレツからビューティフルからの、断捨離へ。

コピーライター黒須田伸次郎先生のこと

PVアクセスランキング にほんブログ村