· 

フランチャイズ

簡単に始められる商売。

 

マニュアル通りに仕事をするとビジネスになるのが、フランチャイズだ。

リスクはある。

 

江戸時代の「暖簾分け」が、フランチャイズの走りだったのかもしれない。

子供の頃に、丁稚という見習いから始まり、手代、番頭と昇進して、最後にお店の権利を「暖簾分け」というシステムだ。

お店は傘下を増やすことができるし、従業員は経営者になることができる。

丁稚からではなく、お金で時間を買うことができるのが、現代のフランチャイズだろう。

小遣い程度で働かされ、途中で辞めたらそれっきりの「暖簾分け」制度は、現代なら「やってられねーよ」である。

 

世界初のフランチャイズは、アメリカで生まれたケンタッキー・フライド・チキンだそうだ。

日本では、不二家とかダスキンが初。

暖簾分けは置いといて。

コンビニなどは、フランチャイズで大成功したビジネスモデルだろう。

 

フランチャイズを経営する利点は、一気に店舗を増やして事業拡大が可能な点である。

同じ店、同じサービス、同じ商標を使って、成功モデルをどんどん増やせばいい。

店が増えると、規模の利点を活かせるから利益も上がり、ノウハウも蓄積される。

たあ、問題が出てきたように思う。

高度成長期にはなかったリスクである。

 

オーバーストアの問題である。

日本には、人口に比べて店が多すぎるのだ。

1万人暮らしている地域に、コンビニが1店ならよいが、5店舗もあると客の奪い合いである。焼肉屋でもラーメン屋でも、出せば数字が取れる時代は終わっている。

とすると、チェーン店で事業を拡大するビジネスに、大成功はないのかもしれない。

餃子の王将や、TSUTAYAなど、現在、成功しているチェーン店は多いと思うが、これから爆発的に増えるチェーン店ビジネスがあるとは、思えない。セブンイレブンみたいな。

 

とはいえ、アイデア次第なのは、いつも同じ。

オーバーストア時代に、愛されるサービスはあると思うし、古いビジネスは廃れ、循環する。

「暖簾分け」がなくなったように。

新しいブルーオーシャンで勝負すればいいのだ。

 

文:紙本櫻士

 

【人気記事】

スマートスピーカーは、電気執事の夢を見るのだろうか?

顔文字を作った人たち。

そだねー

100社起業したら、30年後に何社残るの?

思ったことが現実になっていく?

こち亀に学ぶ、コンサート完売のカラクリ

モーレツからビューティフルからの、断捨離へ。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村